icoi

第3世界ショップ


カレーの壺 スパイシー

¥626(税込)
数量
商品をカートに
追加しました

販売元:プレス・オールターナティブ

税込5,000円以上で送料無料(沖縄、離島を除く)
5~7営業日以内に発送

配送料について

あっという間に本格エスニックカレー

ペースト状のカレー調味料動物性原料、化学調味料、保存料不使用。
20分で本格カレーが作れるカレーペーストです。
1本で22皿とれますので、カレーなら28円の低コストです。
炒めものや鍋、タンドリーチキンなど様々なお料理に使えます。
チキンに合う爽やかで鋭角的な辛味。
《おすすめシーン》
・暑い時・・・
熱暑の国スリランカの人々は、辛くてスパイシーなカレーを食べて、どっと汗をかくことで体の中から暑気払いをしています。
その暑い国の人々の知恵を、日本人にあうようにアレンジしました。
・時間がない時・・・
カレーといえば時間をかけて煮込むのが一般的ですが、スパイスカレーは煮込んだり寝かせたりする必要ありません。
材料をさっと炒めたら、カレーの壺を加えてよく炒め、香りを十分に引き出したら、水分を加えて最後に塩で味を整えて完成!手早く調理し、出来たてのスパイスの香りと味を楽しむのが特徴です。
・お料理のバリエーションが欲しい時・・・
ペースト状のカレー味調味料なので、カレー以外にも手軽に使えます。
タンドリーチキンや炒めもの、スープなど様々なものを手軽にエスニックテイストに。

※下記リンクは外部サイトが開きます。

商品詳細
サイズ67mm×67mm×96mm
重量390g
内容量220g
生産国/原産国スリランカ
原材料/成分醸造酢、食塩、タマリンド、しょうが、たまねぎ、とうがらし、にんにく、米、コリアンダー、乾燥ココナッツ、ココナッツオイル、その他香辛料
生産者マリオさんについて1986年、代表マリオ氏とその配偶者で会社を設立。
2015年現在、工場、本社事務所合わせて250人を超える従業員がいます。
スリランカは良質なスパイスが育つ環境にありながら、それがうまく産業として農家の収入につながっていない問題に着目し、生産農家の自立を支援することによって、スリランカの農村から直接世界へ通じるマーケットを開くことに取り組んでいます。
環境に優しい持続可能な事業モデルに早くから取組み、輸送エネルギーを抑えるために、原料生産地の近くに工場を作り、生産農家へは有機栽培の指導をしています。
工場では福利厚生が充実し、スリランカではめずらしく、従業員住居、無料の食堂、レクリエーション施設などがあります。
障害者の雇用促進や従業員の子弟の奨学金制度他、社会的な事業にも積極的に取り組んでいます。
こだわりのスリランカカレーカレーは、インドカレー、タイカレー、スリランカカレーなどと、地域によって特徴が異なります。
スリランカカレーの特徴は、スパイス類をローストすることと、生のカレーリーフとスクリューパインを使うことです。
ローストにより独自のコクを醸し出し、生のカレーリーフとスクリューパインは甘い香りを持たせます。
各家庭は、それぞれ秘伝のレシピを持っていますし、スパイスのブレンド割合で料理の素材に対応しています。
「カレーの壺」は、生産者団体の料理人ナンダおばさん直伝のレシピをアレンジしたものです。
注意事項直射日光や高温多湿を避けてください。
タンドリーチキン(4人分)のレシピカレーの壺 大さじ2
唐揚げ用鶏もも肉 500g
しょうゆ 大さじ2
プレーンヨーグルト 大さじ2
レモン(またはライム) 1個

①カレーの壺、しょうゆ、ヨーグルトをよく混ぜ合わせ、鶏肉を漬け込む。
②240℃に熱したオーブンで15分ほど焼き、裏返してさらに15分程焼く。
③こんがり焦げ目がついて焼きあがったら、すぐにレモンを絞り熱いうちにいただく。
*オーブンで焼くかわりに、フライパンでソテーやバーベキューでもおいしく焼けます。
カレーの壺でぎゅうぎゅう焼きのレシピ●材料(約30×30センチの天板1枚分)
鶏肉(手羽元や鶏もも肉など) 500g
★カレーの壺 大さじ1~2
★にんにく(すりおろし)1かけ分
★テジャクラ村の天日塩 適量
★オリーブオイル 少量

里芋 4個
長ねぎ 1本
厚揚げ 200g
パプリカ 1個
ピーマン 2個
しめじやエリンギなど 1パック
にんにく 丸ごと1個
ウインナー 4本
レーズン 適量

テジャクラ村の天日塩 適量
マリオさんのペッパー黒粗挽き 適量
ローズマリー 適量
お好みのハーブ入り塩こしょう(マジックソルトなど) 適量
オリーブオイル 適量


●作り方
1.ポリ袋に鶏肉(鶏もも肉の場合は一口大に切っておく)と★を入れて、よく揉みこみ、冷蔵庫で1時間以上寝かせておく。
2.野菜類を一口大の大きさに切り、里芋はレンジで軽く加熱しておく。にんにくはまるごと頭を切り落とし、薄皮つきのままでOK。
3.オーブンを200~210度に予熱しておく(ガスオーブンの場合は低めに設定してください)。
4.オーブンの天板など耐熱皿にアルミホイルやクッキングシートなどを敷き、大きな具材(鶏肉や里芋など)から敷き詰めていく。
潰れやすいキノコ類や小さなレーズンなどは隙間に詰めていく。
5.野菜類に塩、ペッパー、ローズマリー、お好みのハーブソルトをふりかける。
最後に天板の底にうっすら溜まるくらいにオリーブオイルを回しかける。
6.予熱しておいたオーブンで30~40分セットして焼く。
(手羽元など骨付き肉の場合は15~20分で一度取り出して上下をひっくり返すと焼きムラが出にくいです)
7.お肉の芯まで焼き上がってるか確認したら完成。
(中まで火が通っていなければ焼き時間を増やしてください)


*材料の肉や野菜は一例ですのでお好みのものを入れてOKです。
*焼くと肉や野菜が縮んで隙間ができるので、パンパンになるくらい詰めたほうがボリュームが出て見た目が豪華になります。
*写真は彩りのため、焼き上がりのあとに茹でたブロッコリーを添えています。
ココナツミルクのチキンカレー(4皿分)のレシピ鶏肉 500g
にんにく 2かけ
しょうが 1かけ
カレーの壺 スパイシー大さじ1~2
ココナツミルク 2カップ
油 適量
 変わりに、水、牛乳、豆乳でもよい。
 牛乳や豆乳を入れる場合、水+牛乳(豆乳)で2カップになるようにし、水で具材に火が通ってから、仕上げに加えるとよい。

1.なべに油を熱し、みじん切りのにんにく、しょうがを炒める。
2.鶏肉を炒め、カレーの壺を加えてなじませる。
3.ココナツミルク(または水)を加え、肉に火が通るまで煮込む。
 牛乳や豆乳を加える場合、仕上げに入れて、沸騰直前で火を止めて完成。